JGAP 適切な農場管理

規格の概要

JGAPとはJapan Good Agricultural Practice の頭文字で、日本の生産者、小売業者、卸業者、食品製造業者、営農指導関係者などにより開発された生産側と消費側が信頼関係を作る為の新しい枠組みです。
GAPは直約すると「良い農業のやり方」ですが、「適正農業規範」や「農業生産工程管理手法」などと定義されています。また適切な農場管理のあり方として〔農産物の安全〕、〔環境への配慮〕、〔生産者の安全と福祉〕、〔農場経営と販売管理〕の4つのテーマが押さえるべきポイントとなっています。

規格の概要

取得のメリット

  • 適切な農場管理が実現し、(1)食の安全、(2)環境保全、(3)労働安全が向上します。
  • 農場の仕事が効率化し、経営改善や品質向上、技術の継承にも役立ちます。
  • 「信頼できる農場」であることを客観的にアピールできます。
  • 農業経営体の大規模化、強い産地ブランドづくりの両方の仕組み作りに役立ちます。

認証取得までの流れ

認証取得までの流れ

インターテックが行うJGAPの認証の種類

インターテックが行うJGAPの認証の種類についてはこちらをご覧ください。

お見積り・お問い合わせはこちら認証規格一覧へ戻る