Global GAP 適切な農場管理

規格の概要

GLOBAL G.A.P.は、ドイツに本部を置く非営利組織で、農産物のグローバル生産における安全管理を向上させることを目的として設立されました。
全世界農業者の共通のテーマでもある「食の安全リスクの低減」、「労働安全」、「環境保全」、「生態系の維持」を通して、社会が求める「食の安全と持続可能な生産管理」の実現を目指した取り組みを行っています。

GAPとはGood Agricultural Practice の頭文字で直約すると「良い農業のやり方」で、「適正農業規範」や「農業生産工程管理手法」などと訳されています。

規格の概要

取得のメリット

  • 適切な農場管理が実現し、(1)食の安全、(2)環境保全、(3)労働安全が向上します。
  • 農場の仕事が効率化し、経営改善や品質向上、技術の継承にも役立ちます。
  • 「信頼できる農場」であることを客観的にアピールできます。
  • 農業経営体の大規模化、強い産地ブランドづくりの両方の仕組み作りに役立ちます。
  • 農産物輸出入の取引上で役立ちます。

認証取得までの流れ

認証取得までの流れ

※1.個別審査、青果物のみ認証可能
※2.JGAPとGGAPの同時審査も承っております。ご希望の際はお問い合わせ下さい。
※3.認証有効期限は1年間となります。審査時には必ず全農産物が存在している事が条件となります。
※4.上記の日程は審査結果等により変動します。

お見積り・お問い合わせはこちら認証規格一覧へ戻る