ISO39001 道路交通安全マネジメントシステム

規格の概要

世界における道路交通事故死亡者は毎年約130万人、 負傷者数5千万人と推定される中、 国連では 「道路交通安全10ヶ年行動計画」 が策定され、2011年から2020年までに死亡者数5百万人以上、重傷者数5千万人を減らし、約5兆ドルの社会的損失を防ぐための計画がスタートしております。
ISO国際標準化機構は2012年10月、道路交通事故による死傷者を減らすことを目的とした国際規格、ISO39001道路交通安全マネジメントシステム(RTSMS:Road Traffic Safety Management System)を発行、国内においても様々な業種による組織で、認証運用の関心は高まっております。

認証対象業種は、乗客、貨物運送業をはじめ、営業車両を使用される組織等、「道路」を利用する組織すべてであり、取得運用により下記のメリットを享受することが可能です。

規格の概要

取得のメリット

  • 自動車事故、保険料削減によるコスト削減
  • 人命尊重、社会貢献、CSR,従業員満足
  • 事故による操業機会損失の低減
  • 企業、組織のブランド価値向上 等

認証対象業種は「道路」を利用する組織“すべて”

認証対象業種例

  • 乗客・貨物運送事業者
  • 営業・社用車を所有している組織
  • 通学に生徒が道路を使う学校
  • 駐車場を有する商業施設
  • 自動車メーカー 等

インターテック・サーティフィケーションは、多岐にわたる規格の個々の認証は勿論のこと、それらを複合した認証も行なっており、またそれらのトレーニングにおいても世界的に認められています。お客様のニーズを捉えて効果的な制度の確保に取組んでいます。認証前は勿論のこと、認証後においてもサポートを行っておりますので、当社の経験とサービスをご活用ください。

認証取得までの流れ

審査契約から認証取得までの標準的な流れは以下の通りです。
但し、認証取得までの期間はお客様の準備(文書作成、システムの構築、運用)状況により異なります。

認証取得までの流れ

※上記の日程は審査結果等により変動します。

お見積り・お問い合わせはこちら認証規格一覧へ戻る