審査機関移転にあたっての注意事項

審査機関移転にあたっての注意事項

審査機関移転とは、組織が IAF(国際認定機関協力機構)に属する認定機関より認定された審査機関から既に認証を取得しており、その後審査機関を移転する事です。この場合、認証は継続され、認証登録証明書の有効期限は前審査機関の有効期限と同じになります。
ただし再認証審査時に限り、実地審査の時期を大幅に早めて受審した場合には新たな認証日が設定されます。

審査機関移転にあたっての注意事項

  1. 「見積依頼書」(顧客情報フォーム)に記載された内容に従い、「見積書」を作成しお届けします。見積内容をご確認後、「審査機関移転審査申請書」、「実地審査 受審希望時期連絡に関してのお願い」、「審査の独立性・公平性に関する調査書」及び変更書類一式:現審査機関の直近の認証(初回または再認証)審査及びその後に実施された全審査の審査報告書のコピー、及びそれらの不適合報告書および提出した不適合報告書についての回答のコピー、マニュアル内の「適用範囲」が記載されているページのコピーをご返送ください。
    受領後、書類移転審査を行います。受領した書類に問題が無ければ弊社より「審査登録業務契約書」2部、「規則と規定」、「覚書」をお送りしますので、(1)「審査登録業務契約書」(捺印後一部)、(2)「覚書」を返送下さい。認証登録証明書の発行手続きに入ります。
  2. 現審査機関への解約通知
    審査機関移転をお決めになりましたら、まずは現審査機関との解約条項をご精読願います。
    目安としましては、弊社の書類移転審査が終了し、弊社の新しい認証登録証明書がお手元に届いた後に、現審査機関に契約解除の通知を行い、現審査機関の認証登録証明書を返却する方法が妥当と思われます。
  3. 実地審査後に認証登録証明書を発行する場合
    弊社による実地審査の後に認証登録証明書を発行する場合は、実施審査日の設定について留意すべき事があります。弊社との連絡を密にとり進めさせて頂きます。
  4. 弊社での書類移転審査後の実地審査における最重要項目は以下の通りです。もちろん審査ではこれ以外の項目も審査対象となります。
    • マネジメントレビューが効果的に実施され、システム改善に貢献するなんらかの出力があること。
      マネジメントレビュー記録が維持されている事。
    • 内部監査、是正処置が効果的に実施され、その結果がマネジメントレビューに入力されている事。これらの記録が維持されている事。
    • 現在の審査機関による最後の維持審査の時に発生した不適合の是正処置を予め完了させておく事。
      前審査機関による指摘事項に対する是正処置の検証も審査に含まれます。

審査機関移転の見積もりはこちら