複合審査への変更のご案内

複合審査への変更のご案内

ISO9001、ISO14001、OHSAS18001 及び ISO27001 を別々に受審されているお客様へ

インターテック・サーティフィケーションでは、複数の規格を同時に審査する、「複合審査」を提供しています。右記に該当するお客様には複合審査の受審をお勧めします。

  • 複数の規格の統合マネジメントシステムをすでに構築・運用している
  • 文書も運用も別々だが、今後統合していくことを検討されている

右記のような場合でも複合審査は可能です。
御社の構築・運用状況に合わせて、無理のない審査を計画します。

  • 管理責任者が異なる
  • マニュアルは規格ごとに分かれていて、統合された文書体系にはなっていない
  • 認証範囲(業務、事業所、対象人数)が揃っていない
  • 他の審査登録機関で認証を受けている
    (インターテック・サーティフィケーションへの審査機関変更時に複合とする)

複合審査では、原則としてお客様が認証取得するすべての規格を審査可能な審査員が担当します。
そのため、右記のメリットがあります。

  • 規格の共通項目を無駄なく審査することで審査の効率化が図れる
  • 各規格の要求事項にとらわれず、複数の規格の視点からの柔軟なマネジメントシステム審査が可能となる
  • 新たに算定する複合審査工数では、多くの場合単独審査の合計よりも工数が削減される
  • 一度で済むので、年間審査回数が減る

複合審査移行例 (ISO9001を先に取得し、ISO14001を後から取得する場合)

複合審査移行例

複合審査の留意事項

  • 複合審査は、あくまで各規格に対する適合性審査です。
  • 認証範囲が大きく異なる場合には、審査の混乱を避けるため、複合審査をお断りする場合もあります。
  • 年間の審査の頻度(年1回/年2回)が、規格により異なる場合、どちらかの頻度に合わせて頂きます。
  • 全規格の審査サイクルを合わせるため、いずれか先に更新時期を迎える規格に合わせて、すべての規格の認証も更新していただきます。
    (取得時期がずれている場合、いずれかの規格は、有効期限よりかなり前に更新審査を繰り上げて実施することになります。繰り上げて更新した規格の認証登録証明書は、現在の有効期限に限らず、更新審査承認日から 3 年間有効のものに差し替えとなります)
  • 維持審査で複合に移行されても、その時点では認証登録証明書は再発行されず、発行済み認証登録証明書が引き続き有効となります。
    複合での更新審査後には、現在と同様、規格毎の認証登録証明書が再発行されます。複数の規格を1枚に纏めた認証登録証明書は発行しておりません。
  • 合計審査工数の削減の可否、程度はお客様の規模、業種等に異なります。
  • 1回当たりの審査時間は単独審査よりも増えます。複数の審査員による同時進行の審査が出来ない場合、1名の審査員で実施いたしますので、審査日程は長くなります。
  • 統合システムの構築を直接支援するものではありません。

ご連絡いただければ、複合審査の可否、最も好都合な複合審査移行時期と今後の維持・更新審査の実施計画、審査費用のお見積をお知らせします。その内容に納得していただければ、複合審査申請書をご提出いただき、新たな契約書を取り交わすことになります。
複合審査のご相談は、東京事務所営業部の複合審査見積もり担当(TEL:03-3669-7435)までお寄せください。

複合審査の見積もりはこちら