ISO/TS16949 自動車産業向け品質マネジメントシステム

規格の概要

1994年以降、自動車産業界は米国の「ビックスリー」の意に沿う形で、供給者の品質マネジメントに関する独自の規格を開発・発展させてきました。こうした規格のさきがけとなったのが「QS9000」です。
「QS9000」はISO9001:1994をベースに、自動車産業向けの追加要求事項を定めています。
この規格が普及するに従い、ドイツ、イタリア、フランスの自動車メーカーが各社の要求事項を組み入れ、新たな規格ISO/TS16949:2002が作成されました。この新規格はQS9000やVDA6.1に比べると、全世界の自動車サプライチェーンに受け入れられる規格となりました。
インターテック・サーティフィケーションは、世界でも数少ない、選ばれた審査機関として、正式に認定されたISO/TS16949認証登録サービスを提供いたします。

規格の概要

取得のメリット

  • 複数の顧客/第三者機関による評価審査負担(コスト・労力・時間など)の低減
  • 自動車産業に精通した審査員
  • 世界規模で部品調達を実施している顧客に対する信頼度の向上
  • ビジネスリスクの低減

インターテック・サーティフィケーションは、多岐にわたる規格の個々の認証は勿論のこと、それらを複合した認証も行っており、またそれらのトレーニングにおいても世界的に認められています。お客様のニーズを的確に捉えて効果的な制度の確保に取り組んでいます。
認証前は勿論のこと、認証後においてもサポートを行っておりますので、当社の経験とサービスをご活用下さい。

認証取得までの流れ

審査契約の締結から、認証取得までの標準的な流れを以下に示します。

認証取得までの流れ

※上記の日程はあくまでも目安です

お見積り・お問い合わせはこちら認証規格一覧へ戻る