ASC CoC 認証

規格の概要

ASC認証とは、対象の養殖水産物が、持続可能で環境や社会的責任に配慮して生産されたものであることを認証する制度です。世界で食用水産物に対する需要は年々高まっていますが、天然水産資源は枯渇や今後生産量の増大が見込めない傾向にあり、持続可能な養殖水産物の生産に期待が寄せられています。

ASC認証には、養殖場そのものを認証するASC養殖場認証と、養殖水産物の加工・流通過程の組織を対象としたASC CoC(チェーン・オブ・カストディ)認証があります。

現在弊社では、ASC CoC認証サービスを提供しております。

ASC養殖場認証

養殖漁場を以下のようなポイントより審査が行なわれます

  1. 自然環境や資源を持続可能な状態で利用しているか
  2. 養殖漁場からの環境負荷を軽減しているか
  3. 労働環境や地域社会に配慮して運営されているか
  • 登録番号:040701
  • また現在、ASC認証の対象となっているのは下記の12品目です。
    ティラピア、パンガシウス、サケ・マス、エビ、パンガシウス(ナマズ類)、
    二枚貝(カキ、ホタテ、アサリ、ムール貝)、アワビ、ブリ・スギ類 ※ブリ・スギ類の規格は作成中
  • これらの魚種毎に設定された規格に適合していることが必要になります。

ASC CoC認証

ASC CoC認証とは、認証水産物が消費者に届くまでのトレーサビリティに対する認証です。
卸売、加工、小売企業など、ASC認証水産物を取扱う サプライチェーン下の組織は、認証を取得する必要があります。

  • ASC養殖場認証養殖場
  • ASC CoC認証卸業者
  • ASC CoC認証加工業者
  • ASC CoC認証流通業者
  • ASC CoC認証小売・レストラン

それぞれの組織が、非認証水産物の混入や偽装が行われないよう、トレーサビリティを保つ仕組みを確立していることが求められます。認証された製品には、ラベル(ASCロゴ)をつけることができます。

取得のメリット

  • ASC_02
    • 海外市場への販売拡大
    • 業界・消費者からの信頼向上、イメージアップ
    • 持続可能な養殖業漁業の実施により、水産資源の安定的供給に貢献

認証取得までの流れ ※ASC CoC認証の場合

審査契約の締結から認証取得までの標準的な流れは以下の通りです。
認証取得までの期間はお客様の準備状況により異なります。
下記の日程は審査結果等により変動致します。

STEP01 お問い合わせ・お見積

貴社想定の認証範囲の情報に基づき見積書を作成致します。
(対象魚種、業務、事業所の所在地等を確認させていただきます。)

STEP02 ご契約

認証範囲を確定し、契約書を締結致します。
契約後、審査日程や審査員の調整をさせていただきます。

STEP03 審査のご準備

ASC CoC規準を満たすようなシステムをご構築/実施していただきます。

STEP04 審査実施

インタビュー、手順書/記録等の確認を通じ、貴社のASC CoC管理システムを審査致します。

STEP05 是正処置(該当する場合)

軽微な不適合が発見された場合は、指定期間内の是正処置が必要です。
重大な不適合が発見された場合は、是正処置の検証審査が必要です。

STEP06 証明書の発行

審査実施から認証の発行まで約2ヶ月程度かかります。
証明書の有効期間は3年間です。
認証ご取得後、毎年サーベイランス(維持)審査を行い、3年目毎に再認証審査を実施致します。

※審査実施後、証書の発行までは通常1~2か月程度かかります。
※上記の日程は審査結果等により変動する可能性があります。

お見積り・お問い合わせはこちら